MSB-blooming 幸せのカタチ。

MSBは「結ぶ」の頭文字から取っています。 人と人との縁を結ぶことで人生の花を咲かせる(Blooming)。 人生において、そんな「縁」を結ぶヒントを提供していきます。

◇恋愛

恋愛についていい思い出、悪い思い出、あれこれ。

恋愛において、考えても答えが出ないことを思い悩む

恋愛には、考えても答えがでないことが多すぎる。 これが正解、という確かなものがないことが少なくない。正解がないものを思い悩むだけ時間の無駄、と頭では理解してはいるのだが、当事者になってしまうとそう簡単には割り切れないものだと思う。 彼の本心…

恋愛における判断基準は良いか悪いか、よりも、好きか嫌いか。

恋愛には悩ましいことが多い。 良くないなぁ、と思いながらズルズルと流されていくことも少なくなかった。 そんなことをつぶやいたときに、「良いこととか、悪いことなんてないんだよ」というようなことを男友達に言われた。 良いこと、悪いことなんて、ひと…

譲れない価値観の違いがわかるとき。

8年前の3月11日、震災が起きた。 それをきっかけに大切なものに気付いて、結婚を決めたカップルは少なくない。逆に、お互いの価値観の違いに気付いて離婚を決めたカップルもまた、少なくなかった。 普段は知る機会のないような、心の奥底に眠っていた価値観…

会えない時間が恋愛感情を捏造する、という話。

会えない時間が愛を育てる、という歌がある。 実際に、会えない時間が続くと「会いたい気持ち」が募っていく。相手のことを、あれこれ考える時間も長くなる。そして、なんとなく記憶の中の相手は美化されていって、気付いたら「もしかしたら私、彼のことがも…

正しい「好き」の確かめ方

「オレは尽くされないと好きにならないよ」 と言われたことがある。 その言葉を聞いた最初の印象は、「歪んでるな」だった。でも、なんでそうなのかが気になったので、突っ込んでもっと詳しく聞いてみた。 どうやら、彼の場合は何かを犠牲にするくらい「自分…

みんなの幸せが、あなたの幸せとは限らない、という話。

恋人がいれば幸せなのか結婚していれば幸せなのか子供がいれば幸せなのか収入が高ければ幸せなのかお金があれば幸せなのか 幸せ、と一言で言っても、みんなが同じ状態を指しているとは限らない。 恋人がいなくても、片思いで幸せを感じられることだってある…

恋も、婚活も、タイミング。

「恋はタイミングだ」 と言うのが私が大学時代、とある男の先輩の口癖だった。 大学生になりたてで、まだ恋に恋する乙女だった私は「へー、そうか、恋ってそういうものなのかー。」程度に軽く聞き流していた。 そんな私も社会人になって、多少は恋愛と呼べる…

婚活アプリで結婚相手に出会える可能性って?

今日は婚活アプリを使った出会いについて、実体験も交えつつ書いてみます。 結論から申し上げますと、私は婚活アプリで出会った方、何人かと何度か会う段階までは発展しましたが、結局お付き合いには至りませんでした。 (いきなり結論が残念な感じになって…

彼のことを理解してあげられるのは私だけ、という幻想。

ダメな男性ばかり好きになってしまう女性にありがちな思考がある。「こんな彼を理解して、全てを受け止められるのは私だけだ」そんな使命感にも似た想いだ。 実際は、あなた以外にもダメな彼に対して同じような想いを抱く女性は、意外と多い。ダメな男ほどモ…

今の私だったら、と思うこと

あのときは若かったけれど、今の私だったら結末は違っていたかもしれない、と過去の恋を振り返ることがある。逆に、今の私だったらあのとき彼を好きになることはなかったのではないか、と振り返ることもある。 でも多分、彼と付き合えたのは「あのときの私」…

失恋とスーパーボールはちょっと似ている。

失恋したときによく思い出すのは、スーパーボールだ。勢いよく落とせば、その分高く跳ね上がる。 失恋後は悲しみをなにかでごまかしたりせずに、とことん落ち込めばその分早く立ち直れるような気がしているからだ。 辛い胸の痛みから逃げずに、きちんと向き…

浮気と、遺伝子と、薬。

最近では女性でも浮気をする人が少なくないらしい。 男性の浮気は肉体的で、女性の浮気は精神的なもの、何て言うけれど。女性が肉体的な浮気をすることも、男性が精神的な浮気をすることも、あるのではないかと思う。肉体的な浮気をする人は、男女問わず男性…

素敵な別れのために、より良い関係性を築く、という話

別れのために、より良い関係性を築く。 最初にそんな話をされたときは、なぜ別れること前提なのだろう、とかなりネガティブなイメージを持った。 ただ、この場合の別れは恋愛関係における「別れ」かもしれないし、どちらかが先にこの世を去ることになっての…

きれいに恋愛関係を終わらせる、ということ。

忘れられないくらい、好きだった人。 そんな人がいるだけでも、うらやましいと言われたことがある。好きなまま別れた相手は、誰だって忘れられないものではないのだろうか。ただし、自分が好きなまま別れたとしても、ひどい別れ方をしたのであれば難しいかも…

運命の人に出会う前に、まずはニセモノに出会うらしい、という話。

「運命の人」 なんていうと、大袈裟で夢見る少女のようだけれど、結婚して離婚を経験してもなお、自分の運命の人はきっとどこかには必ずいて、まだ出会えていないだけなんじゃないかと、心の片隅で思っていた。 そんな私は、出会って、好きになって、付き合…

恋人と夫婦の違いについて考える

今まで結婚は恋愛の延長線上にある、と思ってきた。でも、世間一般では結婚と恋愛は別物、とする意見が多いように感じる。 恋愛は非日常であり、結婚は日常。 恋愛は現在を大切に、結婚は将来を大切にする。 恋愛では刺激を求め、結婚では安心を求める。 確…

冷夏の恋の話

もう10年以上前、冷夏に熱烈な恋をした。 と言ってもまだ若かった私は、学生時代の「恋に恋している」ような状態から大人の恋愛へと移行する途中のような段階だったと思う。だから、熱烈と言っても今の自分からみたら「若いなぁ」と思うような全力で向かって…

太陽が似合う恋と、太陽を避けるような恋

若い頃は恋と言えば、明るい太陽の下で進行していた。 昼間から待ち合わせてデートを楽しみ、夜を迎えるころにはお互い家に帰る。 とても健康的で、健全な学生の恋愛スタイルだ。 いつからだろう、太陽を避けるような恋をするようになったのは。 社会人にな…