MSB-blooming 幸せのカタチ。

MSBは「結ぶ」の頭文字から取っています。 人と人との縁を結ぶことで人生の花を咲かせる(Blooming)。 人生において、そんな「縁」を結ぶヒントを提供していきます。

太陽が似合う恋と、太陽を避けるような恋

f:id:Libracafe:20190618001803j:plain

若い頃は恋と言えば、明るい太陽の下で進行していた。

昼間から待ち合わせてデートを楽しみ、夜を迎えるころにはお互い家に帰る。

とても健康的で、健全な学生の恋愛スタイルだ。


いつからだろう、太陽を避けるような恋をするようになったのは。

 

社会人になると、二人で会えるのは仕事が終わった夜、なんてことも多くなる。
出会いも週末の夜の合コン、だったりすると出会いからずっと夜の思い出ばかりが増えていく。
お互いの仕事が忙しければ、土日であっても昼間はお互いゆっくりして会う約束は夜、だったりする。

 

でも、そんな夜の思い出ばかりの恋は、あまり長続きしない印象がある。

 

社会人同士であっても、土日の昼間から太陽の下でデートをしたり、休みを合わせて旅行をしたり。
なんとなくだが、長く続く恋にはそんな感じで太陽がよく似合う。

 

そして、夜の思い出ばかり増えていく恋には、なにかしら障害があるような気がする。
例えば、相手に自分以外のパートナーがいたり、仕事や趣味の方が優先されていたり。
きっと、自分以外の誰かや何かに、相手と太陽の下を歩く時間を奪われているということなのだ。

 

そして、夜は感傷的になったり、ネガティブな想いを抱きがちな時間帯でもある。

植物が光合成をするために太陽の光が必要なように、健全な関係を育てるためにも、恋愛には太陽の光が必要なのかもしれない。

 

恋愛が上手く行っているときは、ポーチも可愛いものを選びたくなる。