MSB-blooming 幸せのカタチ。

MSBは「結ぶ」の頭文字から取っています。 人と人との縁を結ぶことで人生の花を咲かせる(Blooming)。 人生において、そんな「縁」を結ぶヒントを提供していきます。

離婚を予想しつつ結婚する人なんていない、という話。

f:id:Libracafe:20190618223959j:plain

当たり前だけれど、離婚するかもしれないと思いつつも結婚する・・・なんて人はいない。

特に、今どき珍しくなくなったバツイチの人。
誰でも結婚することは初めてなのだから、事前にどんなに理解しようとしても結婚の本質をすべて把握することなんて不可能だ。

結婚してみてから、「あれ、こんなはずじゃなかった」なんてことも起こり得る。

もちろん、その人自身に問題があった場合もあるかもしれないが、特に「婚活」という言葉が一般化して、最初から結婚が目的の出会いも少なくない現代。
一度の結婚で上手くいかないケースも多いのではないかと思う。

離婚歴がある=問題有とは限らない。

昔に比べるとお見合い結婚は減り、恋愛結婚の割合は劇的に高くなった。
恋愛と結婚の違いがあまり意識されないまま、結婚は恋愛の延長線上に当たり前のようにある位置付けになりつつある。
それ故に、恋愛における別れと変わらない、ライトな感覚で離婚を選ぶカップルも少なくないような気がしている。

以前に比べて、結婚しても仕事を続ける女性が増えたことも、離婚のハードルを下げている要因だろう。

バツが一つ付いたくらいなら、そこまで気にせずに再婚を夢見てもいいのではないかと思う。
むしろ、実体験を通して学んだ恋愛と結婚の違いや、結婚の難しさ、気を付けるべきことなどを活かしてよりよい結婚を目指していければ、初婚の人よりも幸せな結婚生活を送れる可能性は高い気がする。