MSB-blooming 幸せのカタチ。

MSBは「結ぶ」の頭文字から取っています。 人と人との縁を結ぶことで人生の花を咲かせる(Blooming)。 人生において、そんな「縁」を結ぶヒントを提供していきます。

離婚のピークは結婚して4年目にやってくる、らしい

f:id:Libracafe:20190626133013j:plain

世間一般的に、離婚のピークは1~4年目。
その中でも、結婚4年目が一番のピークになるらしい。

恋愛の賞味期限も3年くらいと言われているし、妥当と言えば妥当な気もする。
結婚は恋愛よりも重みや責任もあるから、それよりも少し(と言っても1年だけど)頑張って、それでもうまくいかなくて別れてしまう、のだろうか。

自分なりにそんな仮説を立てて納得していたのだが、この4年の根拠について説明している記事をいくつか見かけた。

どうやらこの4年には、原始時代からの人間の習性のようなものが影響しているらしい。
日本だけでなく、全世界共通で結婚してから4年目の離婚が最も多いというのだから、その習性の影響はかなり大きいような気がしてしまう。

その習性に基づく説が、妊娠と出産を経て子育てが一段落するまで=4年目、というものだ。
つまり、本来人類が男女ペアで過ごすのは繁殖のためであり、その目的を果たすための必要期間は4年である、と言うことらしい。

そう考えると、4年前後でパートナーを変えるのは仕方ないこと、なのだろうか。


4年を越えて離婚せずに結婚生活を続けていける人は、原始時代からの人間の習性を乗り越えられた強者、なのかもしれない。