MSB-blooming 幸せのカタチ。

MSBは「結ぶ」の頭文字から取っています。 人と人との縁を結ぶことで人生の花を咲かせる(Blooming)。 人生において、そんな「縁」を結ぶヒントを提供していきます。

彼のことを理解してあげられるのは私だけ、という幻想。

f:id:Libracafe:20190709153350j:plain

ダメな男性ばかり好きになってしまう女性にありがちな思考がある。
「こんな彼を理解して、全てを受け止められるのは私だけだ」
そんな使命感にも似た想いだ。

 

実際は、あなた以外にもダメな彼に対して同じような想いを抱く女性は、意外と多い。
ダメな男ほどモテて、女性にだらしないなんてことも少なくないし、そういう男性に限って彼女がなかなか途切れなかったりもするものだ。

 

そんな彼を好きになる女性は、彼の女性にだらしない部分にまで理解を示したりする。
いつか自分の大きな愛で、ダメな彼が更正する日を夢見ているのかもしれない。

しかし前述の通り、残念ながら彼のことを理解して受け止めることができる女性は、けしてあなただけではないのだ。

 

そして、そんな女性がたくさんいるのだから、当然いくら待っても彼がダメな男を卒業する日なんてやってこないだろう。


変わらなくてもそのままの彼を受け止めてくれる人がたくさんいるのだから。
まずはあなた自身が「こんな彼を理解して、全てを受け止められるのは私だけ」なんていう幻想から目を覚まさない限り、幸せな明日は訪れない。


…と、過去の私に伝えたい。

 

「今は彼女が精神的に不安定だから」と、長く付き合っていた彼女に別れを告げずに私との二股を続けた彼。
そんな彼は、彼女とようやく別れた直後に、言い寄ってきていた後輩と二股をかけて最後には私を振った。

そんなどこからどう見てもダメダメな男との明るい未来を信じていた、20代前半の私に。