MSB-blooming 幸せのカタチ。

MSBは「結ぶ」の頭文字から取っています。 人と人との縁を結ぶことで人生の花を咲かせる(Blooming)。 人生において、そんな「縁」を結ぶヒントを提供していきます。

離婚届の証人、みんなは誰にお願いしている?

f:id:Libracafe:20190722110113j:plain

婚姻届にもあった証人欄。
ご友人やご両親などに署名・捺印をお願いした経験がある方もいるのでは。

 

実は、離婚届にも証人欄があります。
誰にお願いすべきか、悩まれている方もいるのではないかと思います。
(私も当時、誰に頼もうか・・・とても悩みました)

今日は、そんな離婚届の証人について書いていきます。

離婚届に証人の署名・捺印が必要なケース

離婚届には必ず承認の署名と捺印が必要、という訳ではありません。

 

当人同士の話し合いを経て離婚する「協議離婚」の場合は、証人の署名・捺印が必要となります。
一方、調停や裁判などを経て離婚が決まった場合は、証人欄の記入が不要になります。

 

私も悩んでいたのですが、結果的に話し合いでは結論が出せず、調停離婚となったため、証人が不要で離婚届を提出することができました。

証人は誰にお願いすべきなのか

証人になるためには、まず成人であること、そして離婚の事実を知っている必要があります。

  • 成人であること
  • 離婚の事実を知っていること

この2点の条件を満たして入れば、証人になることが可能です。

 

両親や兄弟姉妹にお願いしたり、お子さんが成人していれば証人になってもらうこともできるのです。
婚姻届の証人欄に比べて、頼みづらいこともあり、ご両親や事情を知っている友人の方にお願いする方がほとんどのようです。
2名必要となるため、それぞれが1名ずつ誰かにお願いする形を取るケースもあるようです。

 

また、知り合いには頼めない・・・という方のために、弁護士事務所や行政書士事務所で離婚届の証人代行サービスを受けているところもあるようです。
価格としては1名分2000円~3000円程度が一般的なようですね。


両親や友人にお願いするのは気が引ける・・・という方は、そのような代行サービスを活用するのも一つです。

証人はどのような責任を負うことになるのか

離婚届に2名の証人の署名・捺印が必要とされるのは、離婚が身分関係の重大な手続きであるからです。
そのため、当事者だけでは出せないようになっています。
(調停や裁判などで離婚が決まった場合は、第三者も介入して決定しているため、証人欄の記名捺印が不要となります)

 

特にこの証人欄に署名・捺印をしたからといって、証人が何かしらの方的な責任を負うことはありませんので、ご安心ください。
証人欄への署名・捺印をお願いする際は、その点も説明してあげるとよいでしょう。